WiKi-SCANを使用している産業

Industries using the WiKi-SCAN inspection system
WiKi-SCANは様々な分野でのポータブル溶接検査システムとして効果的に使用されています。最高の設置基盤で最も成功している産業の一部を以下に示します

オフロード – 建設、農業および土工機械

WiKi-SCANはオフロード産業用の数多くのアプリケーションを持っています。代表的なアプリケーションは次のようなものがあります。バケツ、タクシー、道路舗装機ブレード、採掘ショベル部品、ブルドーザフレーム、バックホーブーム、耕運機及び種まき機、採掘トラックの車体

例: 陸軍車両開発センターでは、テストに先駆けて新規試作の溶接が公差内に入っているかを検証するために使用されています。破壊試験車両と関連付けることができる正確に文書化された結果を提供します。造船所では、より大きなひずみを引き起こす最小のサイズかつ大きすぎない正確な溶接部であることを確認するために使用されています。

防衛 – 航空機、タンク/車両および造船

WIKI-SCANはまた、防衛部門のための無数の用途があります。代表的なアプリケーションには次のものが含まれます:エンジンケーシング、兵員輸送車、陸軍戦車、潜水艦の船体、船のデッキの補強材、燃料タンク。

例: 陸軍車両開発センターでは、テストに先駆けて新規試作の溶接が公差内に入っているかを検証するために使用されています。破壊試験車両と関連付けることができる正確に文書化された結果を提供します。造船所では、より大きなひずみを引き起こす最小のサイズかつ大きすぎない正確な溶接部であることを確認するために使用されています。

発電 – 原子力、太陽光および風力

代表的なアプリケーションは次の通りです。変圧器、風力タワー、電気容器、原子力格納容器、核廃棄物貯蔵容器、太陽電池パネルのフレーム。

例: 風力タワーでは、フィットアップが正しいかどうかを溶接前に検証するために、「高低」測定の仕様要求があります。溶接後には、高さ、幅、高さと幅の比、アンダーカット及び始端角度と同様に「高低」も再度測定されます。

構造

代表的なアプリケーションは次の通りです。電柱、高層ビルの円柱、水冷パネル、ブリッジデッキ、橋柱、アルミ製コンクリート型枠。

例: 契約メーカーは、様々な産業の様々な製品を製造しており、多くの異なる顧客の品質基準と溶接コードを使用します。最も厳格な要件の1つは、測定することはほとんど不可能である0.84ミリメートル(1/32″)以下のアンダーカットであり、結果として過剰検査による過剰数理が発生します。

機械化サブマージ溶接は産業において長い溶接によく使用されており、コストがかかるだけではなくより大きなひずみを発生させるような、実質的な過剰溶接を引き起こす最小の溶接を満たす必要があります。WiKi-SCANは単一の構造が完成する前に溶接が正しく行われるように、セットアップを確認するために使用できます。

タンクと容器

代表的なアプリケーションは次の通りです。給湯器タンク、ガスタンク、エアシリンダー、バルク貯蔵タンク、コルゲートパネル及び安全ボックス。

例: WiKi-SCANは異なったタンクの種類および同じ部品を生産している様々なステーションに応じて溶接品質を最適化させるために使用することができます。各溶接が許容可能な公差内にあることを保障するために、重要な特徴を測定し、「完璧な溶接」と比較することができます。

輸送 – 自動車(トラック/トレーラー)、航空機、鉄道、船舶

代表的なアプリケーションは次の通りです。バンパー、鉄道車両、鉄道台車、トラックフレーム及びフォークリフトのフレーム/マスト。

例: 溶接サイズを図面に記載の値に近づけることにより、シップパネルのひずみ(曲がり)が減少し、許容範囲への修正にかかる高額な費用の削減につながります。 許容範囲内であるかどうか継手と溶接との両方を監査することによって、発生し得る問題を予め識別することが出来ます。

チューブおよびパイプ

代表的なアプリケーションは次の通りです。オフショア石油掘削ライザー、スパイラルパイプ、ロール成形されたチューブ、油送管及び灌漑配管。

例: 継手準備が公差内であること及び溶接プロセスが正確に調整されていることを保障するのに、チューブミルのセットアップを評価するのに使用されています。

研究開発センター、大学、トレーニングセンター

代表的なアプリケーションは次の通りです。溶接プロセス開発、溶接手順資格記録(WPQR)/溶接プロセス仕様開発、溶接トレーニング評価。

例: 実験テストの設計でインプット(継手コーナー、付属エリア等)及び溶接サイズ、アンダーカット、始端角度等を正確に測定するためために使用できます。溶接工のトレーニングをより効果的にするために客観的かつすぐに利用可能なフィードバックを提供するのに利用可能です。