マテリアルハンドリング

i-CUBE/X

ロボット用レーザセンサシステムであるi-CUBE/X は、金属部品の高速かつ正確に測定し、工場床上の特徴と部品配置の識別のために、オプションで音声記録と超音波距離検出付きのデュアルレーザレンジ撮像を統合します。

またi-CUBE/X は、情報を提供しロボットシステムにフィードバックするための対象物の有無と距離を検出する長距離センシング能力も備えています。

レーザセンシングシステムと組み合わせた超音波センサは、部品の有無と距離を検知し、良好な3D位置姿勢測定のためにレーザセンサの視野に部品の特徴が入るようにレーザセンサを動かすため、ロボットシステムにフィードバックを提供します。

Material Handling with i-CUBE/X